デブ男が1年で10kgの減量を果たしたダイエットの方法【5選】

こんにちは、イケパパ です。

2019年の1月、30歳からのダイエット決意して開始して1年が経過しました。

最初は何からやっていいのか、右も左もわからない状態でしたが、1年で約10kgの減量に成功し、体もデブ体型ともおさらば。見た目もだいぶスッキリして見違えるようになりました。

今回は、僕がダイエットを1年間続けてきて、効果があったものと効果がなかったもの(続かなかったもの)をご紹介します。

あくまで僕の方法なのですが、ダイエットをはじめたい方やすでに行っている方の参考になれば幸いです!

イケパパのアイコン画像イケパパ

ダイエット1年!長いようであっという間でした!



目次

デブ男が1年で10kgの減量を果たしたダイエットの方法

まずは、ダイエット1年でどれだけ変化があったのかご覧ください。

ダイエット開始時 83.0kg
ダイエット1年後 73.0kg

体重は1年間で10kg減量しました。

・ダイエット開始時 83.0kg

・ダイエット1年後 73.0kg


-10kgってピンとこない方もいるかもしれませんが、写真で見比べるとまるで別人ですね。

本当にもう1年前の体型には戻りたくないです。あのときに何もしていなければ、老化へまっしぐらだったと思います。

今も、大きなリバウンドもなく-10kgもキープできています。

効果があったダイエット方法【5選】

さて、僕が-10kgを達成したダイエット方法で効果があったものはこちらです。

・飲み物制限ダイエット

・加工食品、お菓子を食べないダイエット

・リーンゲインズ(プチ断食)

・ジムでの筋トレ

・食事と体重の記録と公開

以上の5つです。

これ以外にも様々なことを試しましたが、続かなかったり、効果があまり得られなかったりと、うまくいかないものが多かったです。

僕がこれから紹介する5つは、シンプルなうえに比較的続きやすいものなので、ひとつづつみていきましょう。

飲み物制限ダイエット

まずは、「飲み物制限ダイエット」です。

これは、僕がダイエット開始したときに一番最初に取り組んだ方法です。

方法はいたってシンプルで、飲み物からカロリーをとらないようにすることです。

実際に飲んでいい飲み物は以下の3つに絞られます。

・水

・お茶

・ブラックコーヒー

もともとダイエットする前は、コーラやミルクティーやジュースが大好きで、毎日のようにガブガブ飲んでいたのですが、ダイエットをはじめてからは水かお茶、ブラックコーヒーしか飲まなくなりました。

飲み物制限の最初の1週間はコンビニやスーパーのドリンクコーナーで、何度もジュースに手が出そうになりましたが、グッと我慢していました(笑)。でも、今ではもうジュースなんて飲みたくないくらいにまで、自分でも飲み物に対する感覚が変わりました。

たまーに、甘いものが飲みたくなって、ノンカロリーの炭酸飲料などを飲んだりすることはありますが、1ヶ月に1回くらいで充分です。甘いものが飲みたくなったらプロテインを飲んでいます。(笑)

ちなみに、ダイエットしてからお酒も1滴も飲んでいません。お酒もカロリーが結構ありますからね。

飲み物から余分なカロリー摂取を防ぐだけで、僕は一気に体重が2kgくらい落ちました。

いつも飲み物からカロリーを摂取している方にはおすすめです。簡単で続きやすい方法ですので、ぜひお試しを!

加工食品、お菓子を食べないダイエット

次に、「加工食品、お菓子を食べないダイエット」です。

加工食品やお菓子はお腹が空いたときには、手軽に食べられておいしいものも多いです。

しかし、添加物や質の悪い油が使われている場合が多く、カロリーも高めで、体にとっては大きな負担になります。

僕の場合のやめてよかったものリストはこちらです。

・お菓子全般

・ファストフード

・ファミリーレストラン

・コンビニ弁当

・加工肉(ハム、ソーセージ、サラダチキンなど)

これらを食べていた時は、体がだるくなったり、気分が滅入っていたりしたことが多かったのですが、これらのものを食べないようにしたことで、体調がとてもよくなりました。

基本的にはパッケージされているものはほぼ食べないようにしています。

これらのものを食べないとなると、自炊がほぼメインになるのでカロリー計算もしやすくなると思います。

僕の場合は、ダイエットで食べない方がいいものを自分のなかで設定することで、より具体的に食事方法が確立されてきました。

こちらも飲み物制限と同じで、自分のなかで食べないものを決めて続けていくだけなので、まずは取りかかりやすいものからはじめてみるのがいいと思います!

リーンゲインズ(プチ断食)

自分で言うのもなんですが、イケパパ といえばリーンゲインズ(プチ断食)の大の愛好家です。

リーンゲインズは、最近では8時間ダイエットとも呼ばれているようで、1日のうち16時間を断食時間(食べない時間)をつくり、残りの8時間で食事をするというプチ断食方法です。

僕は300日間このリーンゲインズを実践し習慣化ていますが、これは自分のなかでも本当によいダイエット方法でした。

1日どんな食事をしているのかは、こちらの記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

カロリー計算がめんどくさかったり、ある程度お腹いっぱいに食事したい方にはぜひおすすめです!

ただ、リーンゲインズをはじめたばかりの1週間は本当に空腹に耐えるのがキツかったので、それを覚悟に挑みましょう。

2、3週間もすれば、空腹には慣れてきますので、後は続けるのみです。

リーンゲインズ(プチ断食)は本当に効果抜群ですので、騙されたつもりでトライしましょう。

ジムでの筋トレ

ダイエットには筋トレは最強

ダイエットに、「筋トレは最強」でした。

体重の変化よりも、見た目の変化が大きかったです。

僕の場合は、自宅での自重トレーニングはまったく続かずに3日坊主で終わってしまうことが多かったですが、ダイエット開始から6ヶ月経ったときにエニタイムフィットネスに契約してジムに通い始めました。

僕の場合は筋トレしてから2週間、1ヶ月でも筋トレの成果がでたのでジムでの筋トレが楽しくなり、今ではもう病みつきになってしまいました。それくらい筋トレが大好きになりました。

筋トレが大好きになったので、筋トレがめんどくさいとか辛いとか思うこともありません。だから無理なく続けてこれているのだと思います。筋トレはもう半年間続けています。

もし僕が1年前に戻って、ダイエット開始するならばすぐにジムに行って筋トレすると思います。

ジムで筋トレできるチャンスがある方は、迷わずにジムでの筋トレをはじめましょう!

食事と体重の記録と公開

最後にご紹介するのは、「食事と体重の記録と公開」です。

やり方は非常に簡単で、食事の記録と体重の記録を日々とることです。

食事の記録をとることで、食べ過ぎたり栄養素が足りなかった場合の可視化ができます。体重も日々の増減で食べ過ぎを防ぐことができます。

日々の体重経過などを記録しておくと、自分のやったダイエット方法と体重の減り具合で自分に合ったダイエット 法が見つかるかもしれません。

そして、一歩踏み込んでやってほしいことが、その記録を公開することです。

僕の場合は、このブログで体重を公開して、ツイッターで毎日食べたものを公開してきました。

僕はツイッターに公開し続けて、いろいろなメリットがありました。

・応援してもらえる

・褒めてもらえる

・アドバイスをもらえる

・監視してもらえる

・一緒にがんばってもらえる

記録だけだと自分だけで終始してしまいますが、体重の増減などを公開することで、他の人に応援してもらえたり、褒めてもらえたりします。そのときのモチベーションはとてつもなくグンと上がります。

また、ツイッターを続けている方たちは意識が高い方ばかりなので、自分がだらけてしまうと置いてかれていく感も半端ないです。

最初はデブな自分をさらすことに抵抗がありましたが、ツイッターやブログで公開し続けたことは、それ以上のメリットがありました。

せっかくダイエットをはじめるなら、しっかりと記録をとって自分の成長が見られるようにするといいですね!

まとめ

今回は、ダイエット歴1年の僕が効果のあったダイエット方法を5つ紹介しました。

もし僕が一生続けなさいと言われても、続けることができるものを厳選しました。

・飲み物制限ダイエット

・加工食品、お菓子を食べないダイエット

・リーンゲインズ(プチ断食)

・ジムでの筋トレ

・食事と体重の記録と公開

ダイエット1年やってきて、続けることが一番大切だと気づきました。
今回紹介したこの5つの方法は、続けられることが1番のメリットです。

ダイエットしている方も、これからはじめる方も、どれかひとつでもいいのでトライしてみてください!

今回も読んでいただき、ありがとうございました^ ^

この記事を書いた人

ハローみなさん!ブログ管理人のイケパパです。

31歳のデブ男が、腹筋を割ることを目標にダイエットします。
そして、パパになります。

スポーツ、読書、音楽、映画、漫画、ファッション、グルメ、旅行、なんでも好きです。日々の経験と興味があることを綴ります。

よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる