リーンゲインズ(16時間断食)を1年間やってみた

こんにちは、イケパパです。

日々、腹筋を割るために、筋トレとダイエットに励んでいます。

今回は食事法のお話です。

ダイエットをはじめてから出会ったのが、リーンゲインズという食事法です。

リーンゲインズとは、「1日のうちに16時間は何も食べない時間をつくって、残りの8時間で食事をする」というものです。

8時間ダイエットや16時間断食とも言われているプチ断食の方法ですが、この食事法を試して、1年間継続してきました。

もともと暴飲暴食の僕でしたが、この食事法に変えてからの身体や体調の変化が大いにありました。

今回はその実体験をまとめてみたいと思います。

目次

リーンゲインズを1年間やってみた感想

はじめた当初は空腹との闘い

リーンゲインズをはじめた当初はとにかく空腹との闘いです。僕の場合はリーンゲインズをはじめてからは、食事の時間をだいたい14:00から22:00の時間帯に設定して朝ごはんと昼ごはん抜きの食生活をしていました。

以前は1日3食をきっちり食べて、間食にはおやつを食べるような食生活でしたので、朝ごはんと昼ごはんを食べない生活に慣れるまでは大変でした。特にはじめた2、3日はお腹がグーグー鳴りまくってお腹が空いて空いて大変でした。

でも、1週間くらいするとその空腹にも慣れてくるようになりました。3〜4週間も経てば、「あ、もう朝ごはんはいらないな」と思うようになり朝ごはんのない生活がなんの苦痛もない日常に変わっていきました。

まず、リーンゲインズをはじめるときには最初の1週間を乗り切ることが大切だと思います。空腹にさえ慣れてしまえば、後々には食事の時間帯を8時間に制限することができるようになってきます。

リーンゲインズの食事例については、以前の記事をご覧ください。

リーンゲインズの効果

リーンゲインズの効果は様々あり、メリットもたくさんありました。具体的には以下のような効果ありです。

・体重の減少

・リバウンドしにくい

・筋トレと組み合わせるとさらに減量がすすむ

・胃もたれがなくなる

・胸焼けもなくなる

・食欲のコントロールができる

・集中力の高まり

・行動力アップ

・昼間に眠くなりにくい

・食事について考える時間が減る

・朝と昼ごはん代の節約

・朝と昼ごはん代の浮いた分で、夜の食事もプチ豪華に

といったように、かなりのメリットがありました。

特に、食欲のコントロールができるようになるので、暴飲暴食がなくなります。ダイエットしていてカロリー計算はめんどくさいと考えている方にはおすすめのやり方です。

また、昼間に眠くなることもなくなり行動力もかなりアップしたと思います。僕も以前は昼食を食べた後に眠くなるような現象が多々あったのですが、リーンゲインズをはじめてからはほぼなくなりました。(そもそもリーンゲインズ中は昼食を食べないですが…)

空腹に耐えるには

空腹に耐えるためには、とにかく「忙しく動きまわること」が一番効果がありました。

やっぱり、じっとしている時間が多いときには、空腹に耐えることも大変でした。

筋トレをしたり、散歩をしたり、仕事に没頭したり、家事や育児に協力したりすることで、空腹を紛らわすことができます。どんどん体を動かせば空腹も忘れて、カロリーも消費されて、一石二鳥です。

あとは、断食時間中はノンカロリーの飲み物は飲んでも大丈夫なので、水、緑茶、ブラックコーヒーはいつも好んで飲んでいました。

付け加えると、断食時間後のその日の食事の1食目にはホエイプロテインを飲むことをおすすめします。ホエイプロテインは、食欲抑制の効果が抜群でした。

リーンゲインズの注意点

さいごに、リーンゲインズの注意点を述べておきます。リーンゲインズをはじめる方は、ほとんどダイエット目的ではじめる方が多いと思います。

僕もダイエット目的でこの食事法をはじめて、1年間やり続けていますが、ダイエットの効果があることは確かです。

ただ、食事の時間帯だけを守っても摂取カロリーが多ければ太ります。8時間の間に、高カロリーの食事やお菓子やジャンクフードをたっぷり食べる生活になれば当然ながら減量はできないですし、太ることもあります。

さらに、お菓子やジャンクフードは食欲を増幅させてしまうので、食欲のコントロールが効きにくくなり、空腹に耐えることもさらに辛くなります。

リーンゲインズは時間帯だけ守るという食事法ですが、ダイエットしている方は食べる物には注意して、高タンパクとたくさんの野菜を食べることをおすすめします!

まとめ

リーンゲインズを1年間やってみて、ダイエットや日々の活力向上など様々なメリットがありました。

これからリーンゲインズをはじめてみたいと思う方は、最初の空腹に耐えることを覚悟して、ぜひ1週間続けてみてください!

1週間続けてみれば、食欲に振り回されることなく自分の食生活のリズムが生まれてくると思います。

僕もこれからも朝ごはんを食べずに、日々のダイエットや作業に取り組んでいきます。

今回も読んでいただき、ありがとうございました^ ^

この記事を書いた人

ハローみなさん!ブログ管理人のイケパパです。

31歳のデブ男が、腹筋を割ることを目標にダイエットします。
そして、パパになります。

スポーツ、読書、音楽、映画、漫画、ファッション、グルメ、旅行、なんでも好きです。日々の経験と興味があることを綴ります。

よろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる